最新スマホ情報をYouTubeでも発信中>>

「Nothing Phone (2a)」発表!Dimensity 7200 Pro搭載、デュアルカメラ、45W急速充電、価格は5万5800円(12GB+256GB)

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年3月5日、Nothing(ナッシング)は「Nothing Phone (2a)」を発表しました。

「Nothing Phone (2a)」は、約6.7インチ有機ELディスプレイ×リフレッシュレート30-120hzに対応。SoCには「Dimensity 7200 Pro」を採用、メモリは8GB・12GB、ストレージ容量は128GB・256GBとなっています。

メインカメラは、デュアルカメラ構成(約5,000万画素 広角+約5,000万画素 超広角)。サブカメラには3,200万画素のシングルカメラを備えています。

本体サイズは約161.74×76.32×8.55mm、重さは約190g。バッテリー容量は5,000mAh、最大45Wの急速充電にも対応しています。カラーはブラックとミルクの2色展開です。

この他に、IP54防水防塵、指紋認証・顔認証、ステレオスピーカーなども備えています。気になるおサイフケータイ(FeliCa)は、現状”非公表”(公式HPに記載なし)だったんですが、Nothingの公式カスタマーサポートに直接お問い合わせしたところFeliCa対応と回答がありました。

なお、国内向けの本体価格は、12GB+256GBモデルで55,800円(税込)。コスパ良すぎませんか…?12GB+256GBで、55,800円(税込)って….!国内向けには8GB+128GBモデルも用意されますが、現時点で価格は未発表となっています。

これまでの流れなら12GB+256GBよりも8GB+128GBが安くなるはずなので、5万円切りもあるかもしれませんね…!続報を待ちましょう!ちなみに、12GB+256GBモデルはすでに先行予約販売がスタートしています!欲しい方は、お早めに!

2024年3月6日 14:13 追記:8GB+128GBモデルの価格が判明。税込49,800円でした。

「Nothing Phone (2a)」の詳細スペックは、以下のとおり。

スペック・仕様
OSAndroid 14
CPU(SoC)Dimensity 7200 Pro
メモリ(RAM)8GB / 12GB
ストレージ容量(ROM)128GB / 256GB
外部ストレージ非対応
本体サイズ約161.74×76.32×8.55mm
重量約190g
画面サイズ6.7インチ(有機EL)
リフレッシュレート30-120Hz
バッテリー容量5,000mAh
背面カメラ5,000万画素(広角/ F値1.88 / OIS)
800万画素(超広角 / F値2.2)
前面カメラ3,200万画素(F値2.2)
防水防塵IP54
NFC搭載(Google Pay対応)
おサイフケータイ(FeliCa)対応
イヤホンジャック非搭載
スピーカーステレオスピーカー
急速充電45W急速充電
ワイヤレス充電非公表
対応バンド5G:n1, n3, n5, n7, n8, n20, n28, n38, n40, n41, n66, n77, n78
4G:1, 3, 4, 5, 7, 8, 18, 19, 20, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42, 66
BluetoothBluetooth 5.3
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
充電端子USB Type-C
SIMnanoSIM
本体価格8GB+128GB 49,800円
12GB + 256GB 55,800円
(※参照・画像引用:公式製品ページ

*記載内容は、公開日もしくは更新日時点のものです。最新情報については、必ず各公式ページをご確認ください。

スマホの購入はオンラインショップがお得!待ち時間なし、配送料も無料!

▼最大2.2万円割引キャンペーン実施中! ▼月額3,278円!データ無制限で使い放題
▼大特価セール開催中! ▼スマホが安い!特価セール6/3まで IIJmio(みおふぉん)

よかったらシェアしてね!
目次