YouTubeでもスマホの最新情報を発信中!

【速報】「OPPO Reno11 A」国内発表!6.7インチ×最大120Hz、Dimensity 7050搭載、トリプルカメラ、67W急速充電対応

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年6月20日、オウガ・ジャパン株式会社は「OPPO Reno11 A」を国内発表しました。本記事では、スペック・仕様・価格・発売日などをまとめていきます。

「OPPO Reno11 A」は、約6.7インチ有機ELディスプレイ採用、最大輝度は1,100ニト。リフレッシュレートは、最大120Hz対応です。

SoCには、「MediaTek Dimensity 7050」を搭載しています。メモリは8GB(※最大16GB相当までメモリ拡張可能)、ストレージ容量は128GBで、microSDカード(最大2TBまで)にも対応しています。

カラーは、ダークグリーン・コーラルパープルの合計2色展開です。本体サイズは約162×75×7.6mm、重さは177g。バッテリー容量は5,000mAh、最大67W急速充電にも対応しています。

メインカメラは、トリプルカメラ搭載。約6,400万画素の広角+約800万画素の超広角+200万画素のマクロという構成です。ズームは最大10倍まで可能。動画は、4K/30fpsまでの撮影が可能です。サブカメラには、3,200万画素のシングルカメラを備えています。

この他に、モノラルスピーカー、画面内指紋認証&顔認証、おサイフケータイなども備えています。ただし、防水防塵はIP68ではなくIP65に対応。イヤホンジャックも廃止となっています。このあたりは従来モデルよりもわずかに劣る部分になるので、注意が必要でしょう。

本体価格は、48,800円税込です。(※直販モデル)本日より予約開始、発売は2024年6月27日となっています。

「OPPO Reno11 A」は、性能と価格のバランスが取れたミドルレンジという印象。従来比で、ディスプレイ仕様や充電周りの強化はありがたいですね…!個人的には、ベゼルが極狭仕様になったのが特に熱いと感じます。

\ 今なら最大24,000円割引実施中! /

詳細スペックは、以下のとおり。

スペック・仕様OPPO Reno11 A
CPU(SoC)MediaTek Dimensity 7050
メモリ(RAM)8GB
ストレージ容量(ROM)128GB
外部ストレージmicroSDカード対応(最大2TBまで)
本体サイズ約162×75×7.6mm
重量約177g
画面サイズ6.7インチ(有機EL)
リフレッシュレート最大120Hz
バッテリー容量5,000mAh
背面カメラトリプルカメラ
約6,400万画素(広角 / F1.7)
約800万画素(超広角 / F2.2)
約200万画素(マクロ / F2.4)
前面カメラ約3,200万画素(F2.4)
防水・防塵IP65
おサイフケータイ対応
イヤホンジャック非搭載
スピーカーモノラルスピーカー
ワイヤレス充電非対応
充電端子USB Type-C
カラーダークグリーン
コーラルパープル
(※参照・画像引用:公式製品ページ

\ 今なら最大24,000円割引実施中! /

*記載内容は、公開日もしくは更新日時点のものです。最新情報については、必ず各公式ページをご確認ください。

スマホの購入はオンラインショップがお得!待ち時間なし、配送料も無料!

▼最大2.2万円割引キャンペーン実施中! ▼激アツ!13,000PT還元!
▼今だけ!OPPO Reno9 Aが機種変更一括9,800円 ▼スマホが安い!特価セール6/3まで IIJmio(みおふぉん)

よかったらシェアしてね!
目次