最新スマホ情報をYouTubeでも発信中>>

ThinkPhoneのスペック性能・価格・発売日はいつ?わかりやすくまとめて解説!

当ページのリンクには広告が含まれています。

どうも、ちえほんです。TwitterYouTubeもやってます。

2023年1月6日にLenoboがモトローラ製の5Gハイエンドモデル「ThinkPhone」を正式発表しました。

本記事では、Lenovo ThinkPhone by Motorolaの価格や発売日、スペック性能・仕様などをわかりやすくまとめて解説していきます。

目次

ThinkPhoneはどんな機種なのか?価格・発売日はいつ

ThinkPhoneの特徴を以下にまとめていきます。

本体デザインは、上記のとおり。カラーは、ブラックの1色展開です。

画面サイズは約6.6インチ、有機ELディスプレイを採用。リフレッシュレートは、最大144Hz駆動です。本体サイズ(縦×横×厚さ)は、約158.8 x 74.4 x 8.3 mm。重さは約188.5g、バッテリー容量は5,000mAhとなっています。

CPUには「Snapdragon 8+ Gen 1」採用、メモリ(RAM)は8GB / 12GB、ストレージ容量(ROM)は128GB / 256GB / 512GB、microSDカードには非対応です。

メインカメラには、5,000万画素の広角+1,300万画素の超広角カメラ+200万画素の深度カメラを搭載しています。サブカメラは、3200万画素のシングルカメラ仕様です。

ワイヤレス充電や最大68Wの急速充電、IP68の防水防塵、耐衝撃にも対応しています。

発売時期は、数ヶ月以内。一部のアジアの国への投入も検討されているようですが、現時点で日本投入は発表されていません。

価格は、現状未定。スペック・仕様を考えれば、少なくとも10万円を超えてきそうです。最小構成の8GB/128GB版が、10万円を切るか切らないかがポイントになってきそうですね。

ThinkPhoneのスペック性能・仕様まとめ

ThinkPhoneのスペック・性能を以下にまとめてみました。

スペックThinkPhone
OSAndroid 13(初期OS)
CPU(SoC)Snapdragon 8+ Gen 1
メモリ(RAM)8GB / 12GB
ストレージ(ROM)128GB / 256GB /256GB
外部ストレージ非対応
本体サイズ約158.8mm×約74.4mm×約8.3mm
重量約188.5g
画面サイズ約6.6インチ
ディスプレイ解像度2,400×1,080
画面の種類有機ELディスプレイ
リフレッシュレート144Hz
バッテリー5,000mAh
背面カメラ約5,000万画素(広角)
約1,300万画素(超広角)
約200万画素(深度)
前面カメラ約3,200万画素
防水/防塵IP68
耐衝撃
指紋認証
顔認証非公表
おサイフケータイ
イヤホンジャック×
ワイヤレス充電
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac/6E
BluetoothBluetooth 5.2
スピーカーステレオスピーカー
充電端子Type-C
カラーブラック
価格未定

(※参照:Lenovo公式ページ

*記載内容は、公開日もしくは更新日時点のものです。最新情報については、必ず各公式ページをご確認ください。

スマホの購入はオンラインショップがお得!待ち時間なし、配送料も無料!

▼最大2.2万円割引キャンペーン実施中! ▼月額3,278円!データ無制限で使い放題
▼大特価セール開催中! ▼スマホが安い!特価セール6/3まで IIJmio(みおふぉん)

よかったらシェアしてね!
目次